「壮瞥町地域活動支援センター・ノンノ」  ー 小さな居場所づくりから

壮瞥町地域活動支援センター・ノンノの概要

地域の障がいを持つ方が、安心・充実して生活していくための交流、サポートの場。

また、一般就労、社会参加のためのステップの場です。

ノンノはアイヌ語で『花』という意味。このセンターを利用してくださる方も、世界、そして広がる宇宙の中でたった一つだけの素晴らしい花です。そんな方々が、これからのびのびと素晴らしい花をより大輪に咲かせていただけるようサポートするのがノンノの役割。機織りや手芸、ハーブ栽培・加工、音楽、絵画、料理といった様々な作業・創作活動の中からご自身の可能性を発見していただいたり、様々な方との交流を通して社会参加のステップを踏んでいただくお手伝いをしております。地域の元保育園の施設を利用した、どこか懐かしいホッとする空間に、ぜひ足を運んでみませんか?

 

ノンノの活動紹介

■生産活動

ノンノでは希望する方に対して、軽度な作業(ハーブ育成と加工・さき織り・ろうそくづくり等)に参加していただき、製品をつくり販売をしています。販売によって生み出された収益は、原材料等の必要経費をひいて工賃として分配しています。
>>詳細

■創作活動

心のリフレッシュや自分自身を豊かなものへと導いてくれそうな体験を、利用者さんの希望や必要に応じて行っています。
>>詳細

■相談・交流

生活・仕事に関して困っている事があれば、相談機関や関係機関の紹介を行います。また助言や解決に必要な情報の提供を、個々の事情や状況に応じて個別に時間をとって行っています。フリースペースは利用者さん同士の交流の場と、お茶のスペースとして開放しています。
>>詳細

 

利用するには

・障がい者手帳をお持ちの方、お持ちでなくとも社会的不利益や社会参加に壁を感じている方など、どうぞ遠慮なくご相談ください。
・利用していただける方は、壮瞥町にお住まいで、年齢はおおむね15歳以上とさせていただきます。
・ノンノを利用するには、簡単な利用登録をしていだだいています。

■利用の手引き

  1. 当センターを利用される方は、利用申し込みをお願いします。
  2. センターに通ってみたいと思う方は、遠慮なくご相談ください。
    ※すぐに利用を開始されなくても大丈夫です。見学したい方、試しに参加されたい方も大歓迎ですので、ご自分にあった利用の仕方を一緒に考えていきましょう。なお、「ノンノだより」に活動レポートを掲載しておりますのでどんな内容の活動なのかぜひ参考にしてください。
  3. 毎月のスケジュールは「活動予定カレンダー」をご参照ください。なお、スケジュールは予告なく変更になることがありますので、ご了承ください。
  4. 利用料は無料ですが、外出などの際にはご自身で費用を負担していただく場合がございます。詳しくはお問合せください。
  5. 準備の都合上、各プログラムの前日夕方5時までにご連絡ください。
    (連絡先 壮瞥町地域活動支援センター・ノンノ:0142‐66‐2588)
  6. お昼休み(12時~13時30分)にかかって利用される方は昼食をご持参ください。

■開所日
利用出来る日: 毎週月~金 9時30分~16時
定休日: 土・日・祝日・年末年始

<連絡先>
壮瞥町地域活動支援センター・ノンノ
〒052-0101 北海道有珠郡壮瞥町字滝之町242-19 [地図]
TEL 0142-66-2588   FAX 0142-66-2588
[ お問合せフォーム ]

職員4名がサポートいたします。

 

壮瞥町地域活動支援センター・ノンノ リーフレット A4 2つ折り

1468390138

ページ上部へ戻る